カテゴリー:開催告知の最近の記事

2018年から始まった本研究所「くらしと協同 研究活動報告会(全体研究会)」も第6回となります。くらしと協同 研究活動報告会(全体研究会)」では、研究活動の1年間の決算として、当研究所で活動している研究会やグループから研究・活動内容の紹介を行い、個人の研究報告もいたします。本会では、くらしと協同に関するさまざまな問題提起を受け、学問的な議論を深めることを目指します。  


1.会場:リモート開催

2.日時:2023年3月4日(土) 13:30~17:30

3.内容:添付の案内をご覧ください

4.研究員の皆さまが最近執筆された書籍、刊行物を紹介したいと思います。

1~2年の間に出版された書籍を紹介いただける方は研究所までご連絡下さい。統一フォーマットをお送りします。

5.申込み方法 

e-mailか、以下のQRコード・URLから、Googleフォームでお申し込みください。

     

https://qr.paps.jp/1RSmq

※e-mailでお申し込みの場合も「氏名」「e-mail アドレス」「連絡先電話番号」「所属団体」の記載をお願いします。


【申込〆切】 2月24日(金)   

参加Zoom情報は開催数日前にメールでご連絡します。

【参加費】   無料 

【お問合せ】電 話:075-256-3335 FAX:075-211-5037

<主催>くらしと協同の研究所

住 所:京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町258 コープ御所南ビル4F

e-mail: kki@ma1.seikyou.ne.jp(1は数字)


2023年全体研究会案内チラシ.pdf


くらしと協同の研究所 第3回 特別研究会
―コロナ禍で加速する食消費の変化とその影響―
のご案内

コロナ禍において、消費者の行動はどのように変化し、
生産者や食供給に関わる人々はどのような課題に直面したのかを、
具体的な事例を踏まえながら考えたいと思います。

○開催日時:12月17日(土)13:30~16:45

○開催形式:リモート開催

○内容
1.基調講演:ミルク・サプライチェーンにおけるコロナ禍の影響と変化
       -コロナ禍・資材高騰の二重の危機の視点から-
 清水池 義治 氏(北海道大学大学院農学研究院 准教授)

2.実践報告
牛乳の生産、ミールキットの企画・利用、大学生協食堂の様子から、食消費のあり方を考えます。
 第1報告 大山乳業農業協同組合 酪農指導部 今吉 正登 氏 
 第2報告 コープきんき事業連合 宅配商品部 統括 斎藤 徳人氏 
 第3報告 立命館生協 食堂部門 統括店長 石角 大樹 氏 
 ・コメント:原田 英美 氏(福島大学食農学類 准教授)
 ・コーディネーター:山野 薫 氏(近畿大学 当研究所運営委員・理事)

○申込み方法 
  e-mailか、以下のQRコード・URLから、 Googleフォームでお申し込みください。


○参加費:無料

○〆切 12/10(土)

○参加Zoom情報は開催日前にメールでご連絡いたします。
 詳細は添付の案内チラシをご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちいたしております。
暮秋の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、先日発送いたしました『くらしと協同』誌と同封でご案内させていただきました、
「ウクライナの歴史について知るための学習会」と「第3回 特別研究会」について、
ご案内させていただきます。
ご案内を添付いたしましたので、ご確認のうえ、ぜひ、ご参加ください。
皆様のご参加を心からお待ちしております。

1.「ウクライナの歴史について知るための学習会」
  日時:2022年11月12日(土)13:30-16:30
  開催形式:リモート開催
  講師:小山 哲 氏(京都大学大学院文学研究科 教授)

2.第3回 特別研究会
  ―コロナ禍で加速する食消費の変化とその影響―
  日時:2022年12月17日(土)13:30-16:45
  開催形式:リモート開催

3.内容:添付の案内をご覧ください


4.申込み方法 
  e-mailか、以下のQRコード・URLから、 Googleフォームでお申し込みください。

●ウクライナの歴史について知るための学習会


●特別研究会

5.参加Zoom情報は開催数日前にメールでご連絡いたします。

皆様の申し込みをお待ちしております。


日時:2022611日(土)13301640

開催形式:リモート開催


趣旨

第1部では、7月に開催する総会記念シンポジウム「協同のネットワークを地域でどう創るか」のプレ企画として、今秋から施行される「労働者協同組合」について、法制定の背景や特徴、協同組合どうしの連携や地域づくりとの関わりについて、学び、意見交換を行います。

続く第2部では、「『くらしと協同』を読む」と題し、の第38号と第39号を取り上げて、編集担当者から特集の背景や内容の特徴について説明し、読者の皆さんからご感想・ご意見を交流します。研究者はもちろん、生協関係の方々も、お気軽にご参加願います。

※ 第1部もしくは第2部のみのご参加も歓迎いたします。


【詳細】以下の案内をご覧ください。

2022労協法学習会と合評会案内.pdf


【申込み方法】 

E-Mailか、ご案内のQRコード・URLから、Googleフォームでお申し込みください。

労働者協同組合法学習会.png

https://forms.gle/36xinAUc9Gf629p98 

今年も7月2日(土)3日(日)に総会記念シンポジウムを開催いたします。
なお、今回は会場参加とリモート参加での開催となります。
ご案内をご覧いただきお申込みください。
コロナ禍対策として、会場参加者数はシンポジウム、分科会ともに定員がございますのでご了承ください。

日程 
7月2日(土)
13:00~17:10 シンポジウム 
17:30~18:00 第30回総会

7月3日(日) 
 9:30~12:30 分科会
会場 京都テルサ
※コロナ対策としてリモート参加と会場参加との同時開催。
申込み締切 6月6日(月)
※会場参加は定員を30名とさせていただきます。
詳細は以下のご案内をご確認ください。


参加申し込み:以下のQRコードもしくはURLよりGoogleドライブでお申し込みください。
https://forms.gle/8feQa3SWvNa7Jxyz7
2022年総会記念シンポジウム.png
 
複数名一括でお申込みを希望される方は、添付のワード申し込み書に必要事項をご入力の上、メールでお送りください。
皆様のご参加をお待ちしております。


2018年から始まった本研究所「くらしと協同全体研究会」も第5回となります。

 

この全体研究会は、研究所の研究活動の1年間の決算として、「くらしと協同」に関するさまざまな問題を探求するテーマ別の研究会からの報告や各年度に設定するテーマについての研究者による研究報告を受け、学問的な議論を深めます。

 

1.会場:リモート開催

2.日時:202235日(土) 13:301730

3.内容:添付の案内をご覧ください

.申込み方法 

(1)e-mailか、以下のQRコード・URLから、Googleフォームでお申し込みください。



第5回くらしと協同全体研究会.png






 https://forms.gle/3sU2kyaUi8Yo8R298


(2)個人報告を希望される方は電話かe-mailでご連絡下さい。

e-mailでお申し込みの場合も「氏名」「e-mail アドレス」「連絡先電話番号」「所属団体」の記載をお願いします。

くらしと協同の研究所e-mail: kki@ma1.seikyou.ne.jp1は数字)

【申込〆切】 225日(金)   

参加Zoom情報は開催数日前にメールでご連絡します。

【参加費】   無料 

【お問合せ】電 話:075-256-3335 FAX:075-211-5037

<主催>くらしと協同の研究所

住 所:京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町258 コープ御所南ビル4F


2022年全体研究会案内.pdf

講座『生協10の基本ケア』
あなたの介護は誰がする?ピンピンコロリはむずかしい!
~元気なうちに学んでおきたい介護のこと~
ちょっとしたことで、介護がおもしろくなる―
そんな「生協10の基本ケア」を6回講座で学びます。

〇日時:2/9(水)、16(水)、3/2(水)午前・午後の1日2講座で全6回講座
1回だけの参加でも可能です
〇会場:コープ御所南ビル4階会議室
〇内容:添付の案内をご覧ください
〇申し込み先
 お電話かメールでお申し込みください
くらしと協同の研究所
電 話:075-256-3335 FAX:075-211-5037
e-mail: kki@ma1.seikyou.ne.jp(1は数字)

〇講師
・川口 啓子氏 
 大阪健康福祉短期大学 福祉実践研究センター センター長
 くらしと協同の研究所理事
・小田 史氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科教授
 くらしと協同の研究所会員
・上山 小百合氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科特任准教授
 くらしと協同の研究所会員

〇第1期参加者の感想
・介護する側の視点で今まで考えていたということに気づけ、自分が利用する立場になった時のことを、より具体的に考えられるきっかけをくださったと思います。午前のDVDは、亡くなった父に、私に知識があればもっとしてあげられることがあったなあと、涙・涙でした。あすなら苑の取り組みに感動しました。
・車椅子体験は貴重な体験でした。介助として夫を乗せて押していましたが、前がよく見えずに置いてあるものにあたってしまったことがありました。
・介護の道具、介護食も随分いろいろあって、そういう知識を持つことは大切だなあと思った。介護食、おいしかった...。ここまでできるのかと見直した。
・今は前期高齢者になったばかりで、後期高齢者にはまだまだ遠いと思っていても、いつ要支援、要介護になるかはわからない。しかし、生協10の基本ケアを知り、正しい知識があれば、支援も介護も恐れることはないと思いました。両親・夫を見送ったので、その時にこの知識があればよかったと痛感します。
・6回全講座をうけられて、大変良い経験が出来たと感謝しております。今後もたくさんの方に広まっていけばいいなと思います。私も友達に広めます!


皆様のご参加をお待ちしております。


講座『生協10の基本ケア』
日時:11/10(水)から6回講座
会場:コープ御所南ビル4階会議室

あなたの介護は誰がする?ピンピンコロリはむずかしい!
~元気なうちに学んでおきたい介護のこと~
ちょっとしたことで、介護がおもしろくなる―
そんな「生協10の基本ケア」を6回講座で学びます。

講師
・川口 啓子氏 
 大阪健康福祉短期大学 福祉実践研究センター センター長
 くらしと協同の研究所理事
・小田 史氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科教授
 くらしと協同の研究所会員
・上山 小百合氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科特任准教授
 くらしと協同の研究所会員

皆様のご参加をお待ちしております。

コロナ特別研究会のご案内

コロナ特別研究会のご案内
日 時:11月14日(日)13:30-16:45
会 場:リモート(zoom)

昨年も開催した『コロナ特別研究会』の第2弾を今年も開催します。
今年は、とりわけ危機的な状況となっている医療・福祉の現場や
たすけあいの組合員活動などについて基調講演と現場からの実践報告をしていただきます。

【申込み方法】 
E-Mailか、ご案内のQRコード・URLから、
Googleフォームでお申し込みください。

皆様のご参加をお待ちしております。

『くらしと協同』誌の合評会企画のご案内

日 時:9月4日(土)14:00-16:00
会 場:リモート(zoom)

くらしと協同の研究所の取り組みとして、季刊誌『くらしと協同』の合評会企画を開催いたします。
『くらしと協同』誌の内容を深めるために、皆様と意見交流をする場として、企画いたしました。
完全リモート(Zoom)で開催いたしますので、ご参加いただける方は、
当研究所にメールでお申込みいただきますよう、よろしくお願いいたします。
後日、参加URLなどをお知らせいたします。
皆様のご参加を、心からお待ちしております。

今年も7月3日(土)4日(日)に2021年総会記念シンポジウムを開催いたします。
なお、今回は会場参加とリモート参加での開催となります。
ご案内をご覧いただきお申込みください。
コロナ禍対策として、会場参加者数はシンポジウム、分科会ともに定員がございますのでご了承ください。

日程 7月3日(土)13:00~17:35 シンポジウム 18:00~ 第29回総会
    7月4日(日)  9:30~12:30 分科会
会場 コープイン京都
※コロナ対策としてリモート参加と会場参加との同時開催。
申込み締切 6月7日(月)
※会場参加は定員を50名とさせていただきます

詳細と参加申し込みは以下のファイルをご確認ください。



2021年総会記念シンポジウムを下記の日程で開催する予定です。

日程 7月3日(土)13:00~17:35 シンポジウム 18:00  第29回総会
    7月4日(日)  9:30~12:30 分科会
会場 コープイン京都
※コロナ対策としてリモート参加と会場参加との同時開催。
申込み締切 6月7日(月)
※会場参加は定員を50名とさせていただきます。


本案内については、4月末に掲載いたします。



2018年から始まった本研究所「くらしと協同全体研究会」も第4回となります。

この全体研究会は、研究所の研究活動の1年間の決算として、「くらしと協同」に関するさまざまな問題を探求するテーマ別の研究会からの報告や各年度に設定するテーマについての研究者による研究報告を受け、学問的な議論を深めます。

 

会場:コープ御所南ビル 4階 会議室
とき:2021年3月6日(土) 13:001730

【申込み方法】 参加申込書をFAXまたはE-maiにてお送りください。

※E-mailでお申し込みの場合も「所属団体」「連絡先・住所」「氏名」の記載をお願いします。

【申込〆切】 月8(月) 

【参加費】 無料 

 

今回は会場参加とリモート配信での公開開催となります。会場参加は定員を20名とさせていただきます。

ご自宅等にインターネット環境をお持ちでない方を優先させていただきます。

尚、参加者が多数の場合は抽選とさせていただきます。

FAXの場合も参加申込書にメールアドレスの記載をお願いします。参加招待ID・パスワードを返信いたします。


第4回くらしと協同全体研究会のご案内.docx

くらしと協同の研究所2020年度特別研究会
「コロナショックを乗り越える!」開催のお知らせ

日時:11月29日(日)13:30-16:45
会場:コープ御所南ビル4階会議室及びリモート開催

趣旨
新型コロナウィルスの感染拡大が続く中で、地域の経済・社会や暮らし、生協の事業・活動や運営に大きな影響が出ています。ウィズコロナ、アフターコロナの時代が叫ばれる中で、私たちはコロナショックをどのように乗り越えていけばよいのか。地域経済論を専門とする研究者からの基調講演と、この間の生協による実践と明らかになってきた課題を交流しながら考えます。                                     
                                            
コロナショック特別研究会のご案内
 第18回生協組合員理事トップセミナーを12/10(土)~11(日)、コープイン京都にて開催します。

組合員理事が組合員理事のために、研究者と一緒につくるセミナーです。

多彩な生協の参加と少人数・双方向の学びが特徴です。

1日目は、「生協の未来を創造するために、私たち組合員理事が、考え、できるjこと―ドラッカーの自己評価手法を使って―」(講師:若林靖永氏)をテーマに、ワークショップに取り組みます。

2日目は、4つの専門テーマを設け、それぞれの問題意識に沿って学びます。

加賀美塾「グローバル化と地域経済―事業者としての協同組合の役割」(加賀美太記氏)

青木塾「食卓と農の現場をつなぐ、生協らしい取り組みとは」(青木美紗氏)

高山塾「医療・社会保障改革がくらしに及ぼす影響とは」(高山一夫氏)

杉本塾「生協は『消費者主権』を目指すべきなのか?」(杉本貴志氏)


終了後のお楽しみは、同志社のフレンチのあと、メインは相国寺の特別拝観、最後にお茶席を堪能します。


申込み締め切りは、10月28日です。みなさまのご参加をお待ちしております。

詳細は、下記案内をご覧ください。

第18回トップセミナー案内

第18回OP「相国寺」案内

第18回セミナー申込書


来る、9月24日(土)13:30~同志社大学を会場に、「TPPの問題を考えるシンポジウム」を開催します。

元農林水産大臣の山田正彦氏より「TPP条約全文解明であきらかになった協定の内容とは?」をテーマに講演いただきます。

それを受けて、パネルディスカッションを行ない、各分野の専門家がくらしの視点からTPPを解き明かします。

日程:9月24日(土)13:30~17:00

会場:同志社大学良心館302号室

内容:<講演>山田正彦氏(元農林水産大臣)

<パネルディスカッション>パネリスト=石原洋介氏(三重短期大学教授)食の安全の視点から/高山一夫氏(京都橘大学教授)医療の視点から/岡田知弘氏(京都大学大学院教授)地方自治の視点から/コーディネーター=小池恒男氏(滋賀県立大学名誉教授)

参加費:500円(会員・非会員とも)

定員:100名

申込み:9/20(火)までに、氏名・所属・役職・連絡先を、FAX(075-211-5037)かTEL(075-256-3335)でご連絡ください。

主催:くらしと協同の研究所

みなさまのご参加を心よりお待ちしています。


  11/21(土)公開講座を開催します。

TPP協定で食の安全はどうなる」をテーマに、小池恒男氏(滋賀県立大学名誉教授)から問題提起をいただき、石原洋介氏(三重短期大学教授)から基調講演をいただきます。

食料の海外依存の加速によって、食品添加物、栄養成長剤、残留農薬、ポストハーベスト、BSE牛肉、遺伝子組み換え食品の表示等々をめぐって食の安全性への不安が高まっています「TTP協定で食の安全はどうなる?」ともかく学んでみましょう。

参加費は、研究所会員200円、非会員500円(当日支払)です。

詳しくはご案内をご覧いただき、申込書にご記入の上、11/15までにFAXかメールでお申し込みください。

いろんなお立場やご経験の方がお集まりいただければ幸いです。みなさまのご参加をお待ちしています。


TPP協定で食の安全は守れるか」案内・申込書(Word)




10/24(土)第1回研究会委員会を開催します。研究委員の方は、お送りしているご案内をご確認の上、出欠ご連絡をよろしくお願いいたします。


[日程]2015年6月27(土)~28(日)

[会場]コープイン京都

[テーマ]「超高齢社会における暮らしとまちづくりへの多様な接近―『地域包括ケア』と生活協同組合―」

第23回総会記念シンポジウム案内.pdf

申込書(ワード文章)


より多くの市民の方にご参加いただきたいので、非会員も参加費無料になりました。

11/15(土)13:30~16:30、「再生可能エネルギーと協同組合」をテーマに、せいきょう会館におきまして、シンポジウムを開催します。

東京電力福島第一原発の過酷事故は、国民の安全安心な暮らしには脱原発と再生可能エネルギーによるふるさと再生が求められている事を明らかにしています。現政権は、エネルギー政策を根本的に転換するどころか、原発輸出・原発再稼働に躍起の有様です。草の根からのエネルギー政策転換が求められています。

 くらしと協同の研究所は、全国で始まっている再生可能エネルギーによるまちおこしに協同組合がどう参画できるのか、すべきなのかをめぐる論議を遅まきながら開始したいと考えます。

案内と申込書は、9/26に発送いたします。

みなさまのご参加お待ちしております。







 

10/2(木)14:00~17:00、尾崎芳治「経済思想史サロン」を開催します。

今回が最終回となりますので、「公開講座」として開催します。

当研究会以外の方でも、ご関心がおありの方は、この機会にぜひご参加ください。


日程:10月2日(木)14:00~17:00

会場:せいきょう会館4階第1会議室

テーマ:異文化交流の堆積としての世界史―尾崎世界史論で現代を紐解く(仮題)

講師:尾崎芳治氏(京都大学名誉教授)

第16回生協組合員理事トップセミナーを次のように開催します。

日程:12/13(土)~14(日)

会場:コープイン京都

テーマ:「協同組合は何のために存在するのか~安心して暮らせる地域や社会をめざして」

生協の組合員理事が組合員理事のために、研究者と一緒につくるセミナーです。

詳しくはこちらの「第16回生協組合員理事トップセミナーのご案内」をご覧いただき、10/31までにお申し込みください。

こちらの申込書をFAXかメールでお送りください。

終了後のお楽しみ、オプショナルツアーは、世界遺産の東寺の特別拝観です。

全国の組合員理事の皆さま、ご参加を心よりお待ちしています。


「第16回生協組合員理事トップセミナーのご案内(PDF)

オプショナルツアーご案内「東寺」(PDF)

11/6(木)「子ども・子育て支援新制度で利用者ニーズをどう具体化するか―日本の現状と諸外国の動向から―」をテーマに、生協総合研究所第4回公開研究会を、くらしと協同の研究所共催で開催します。

日程:11月16日(木)13:30~16:30

会場:キャンパスプラザ京都4F第4講義室(京都駅前)

参加費:無料

協賛:日本コープ共催生協連

10月30日(木)1330~16:30、明治大学において、同テーマで開催されます。

申込方法等、詳細は、こちらをご覧ください。

なお、下記案内には、非会員は有料になっていますが、無料にさせていただきます。

案内申込書(ワード文章)

公益財団法人生協総合研究所 2014年度第3回・4回公開研究会のご案内



 10/18(土)13:30~17:00、せいきょう会館におきまして、第1回研究委員会を開催します。

2014年度方針の進捗状況、第22回総会記念シンポジウムの振り返り、新しく発足した基幹研究会の報告等をふまえ、積極的な意見交換を行ないたいと考えます。

研究委員の皆さまは、郵送しました詳細案内をご覧いただき、10/4(金)までに出欠のご連絡をお願いします。

来る6/28(土)~29(日)、京都テルサにおきまして、第22回総会記念シンポジウムを開催いたします。


1日目のシンポジウムは、「生協事業のイノベーション~いま、コープみやざきを研究する意味~」をテーマに開催します。

第1部では、的場伸樹氏の問題提起を受けて、コープみやざきから報告いただき、2人の研究者がコメントをします。

第2部では、5人のパネリストを迎え、パネルディスカッションを行います。


2日目は、テーマ別企画として3つのテーマを設けました。

第1会場はパーティについての調査研究報告、、第2会場はTPPについての講演、第3会場は震災を忘れない交流会です。


詳しくは「第22回総会記念シンポジウムご案内」をご覧いただき、こちらの「申込書」で、6/16(月)までにお申し込みください。


なお、総会議案書は6月入り次第お届けしますので、同封のハガキで総会の出欠をご連絡ください。

皆さまのご参加をお待ちしております。

第22回総会記念シンポジウムを6/28(土)~29(日)に、京都テルサにおいて開催します。

詳しくは、5月上旬に『ご案内』を送付させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 2013年度第3回研究委員会を下記の通り開催します。

日程:2014年4月12日(土)13:30~17:00

会場:せいきょう会館4階 

主な議題は、第22回総会記念シンポジウムの企画についてと2014年度事業計画について意見交換を行ないます。研究委員の皆さま、ご出席よろしくお願いいたします。

なお、参加連絡は3/18にお送りしています出欠連絡票にて、4/2(水)までにご返信ください。(メール可)

2013年度第2回研究委員会を下記の通り開催します。

日程:2014年1月25日(土)13:30~17:30 

会場:せいきょう会館4階 

議題:自主研究会からの報告、ほか 

終了後、新年懇親会を行います。 

研究委員の皆さまは、1/6にお送りしています出欠連絡票にて、1/15(水)までにご返信をお願いいたします。

(メール連絡可)

来る10/26(土)せいきょう会館にて、本年度第1回の研究委員会を開催します。議題は、第21回総会記念シンポジウムの振り返りと今後の研究課題、姫路医療生協調査を踏まえて開催する「地域包括ケアを考える」シンポジウムでの報告内容等について意見交換したいと思います。 研究委員の皆さま、ご参加いただきますようお願い申し上げます。
来る11/16(土)、せいきょう会館にて、「地域包括ケアを考える」シンポジウムを開催します。 くらしと協同の研究所では、姫路医療生協から委託を受けて「超高齢社会に向けた姫路医療生協の役割と発展の可能性」をテーマに、地域包括ケアを推進していくための姫路医療生協の役割や課題を明らかにすることを目標にした調査研究を実施してきました。  このたび、姫路医療生協の調査や実践も事例にしながら、「地域包括ケアを考える」シンポジウムを 開催いたします。「地域包括ケアと生協のもつ可能性」などについて、一緒に考える機会にしたいと考ます。会員はもちろん非会員の皆さまもお誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしております。 詳細はこちらをご覧ください。13.11.16「地域包括ケアを考える」シンポジウムのご案内

12/7~8、「第15回生協組合員理事トップセミナー」を京都で開催します。

日程:12/7(土)13:00~8(日)13:45 

会場:コープイン京都 

参加対象:生協組合員理事(非常勤理事)、両日参加可能な方 

募集人数:40名 

申込〆切:10/29(火) 

詳しくは、セミナーご案内OPツアーご案内をご覧いただき、申込用紙にてお申し込みください。

組合員理事のみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 「生協は現代の『経営危機』を克服できるか」をテーマに、「京都テルサ」にて開催いたします。

シンポジウム参加申し込みは6/17(月)締め切りです。会員の方は第21回総会の出欠のご連絡もよろしくお願いいたします。

定員は150名です。

会場と斡旋ホテルが例年とは異なりますのでご注意ください。その関係で、なるべく早めのお申し込みをよろしくお願いいたします。

詳細はこちら第21回総会記念シンポジウム案内をご覧ください。

お申し込みは参加申込書をご利用ください(ご入会は任意です)。

みなさまのご参加をお待ちしております。

次の要項で「第21回総会記念シンポジウム」を開催いたします。
詳しくは5月上旬にお送りするご案内をご覧ください。皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

日 程 : 2013年6月29日(土)~6月30日(日)
会 場 : 京都テルサ(京都市南区新町通九条下ル) ※会場が例年とは異なります
テーマ : 生協は現代の『経営危機』を克服できるか