カテゴリー:開催告知の最近の記事

2018年から始まった本研究所「くらしと協同全体研究会」も第5回となります。

 

この全体研究会は、研究所の研究活動の1年間の決算として、「くらしと協同」に関するさまざまな問題を探求するテーマ別の研究会からの報告や各年度に設定するテーマについての研究者による研究報告を受け、学問的な議論を深めます。

 

1.会場:リモート開催

2.日時:202235日(土) 13:301730

3.内容:添付の案内をご覧ください

.申込み方法 

(1)e-mailか、以下のQRコード・URLから、Googleフォームでお申し込みください。



第5回くらしと協同全体研究会.png






 https://forms.gle/3sU2kyaUi8Yo8R298


(2)個人報告を希望される方は電話かe-mailでご連絡下さい。

e-mailでお申し込みの場合も「氏名」「e-mail アドレス」「連絡先電話番号」「所属団体」の記載をお願いします。

くらしと協同の研究所e-mail: kki@ma1.seikyou.ne.jp1は数字)

【申込〆切】 225日(金)   

参加Zoom情報は開催数日前にメールでご連絡します。

【参加費】   無料 

【お問合せ】電 話:075-256-3335 FAX:075-211-5037

<主催>くらしと協同の研究所

住 所:京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町258 コープ御所南ビル4F


2022年全体研究会案内.pdf

講座『生協10の基本ケア』
あなたの介護は誰がする?ピンピンコロリはむずかしい!
~元気なうちに学んでおきたい介護のこと~
ちょっとしたことで、介護がおもしろくなる―
そんな「生協10の基本ケア」を6回講座で学びます。

〇日時:2/9(水)、16(水)、3/2(水)午前・午後の1日2講座で全6回講座
1回だけの参加でも可能です
〇会場:コープ御所南ビル4階会議室
〇内容:添付の案内をご覧ください
〇申し込み先
 お電話かメールでお申し込みください
くらしと協同の研究所
電 話:075-256-3335 FAX:075-211-5037
e-mail: kki@ma1.seikyou.ne.jp(1は数字)

〇講師
・川口 啓子氏 
 大阪健康福祉短期大学 福祉実践研究センター センター長
 くらしと協同の研究所理事
・小田 史氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科教授
 くらしと協同の研究所会員
・上山 小百合氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科特任准教授
 くらしと協同の研究所会員

〇第1期参加者の感想
・介護する側の視点で今まで考えていたということに気づけ、自分が利用する立場になった時のことを、より具体的に考えられるきっかけをくださったと思います。午前のDVDは、亡くなった父に、私に知識があればもっとしてあげられることがあったなあと、涙・涙でした。あすなら苑の取り組みに感動しました。
・車椅子体験は貴重な体験でした。介助として夫を乗せて押していましたが、前がよく見えずに置いてあるものにあたってしまったことがありました。
・介護の道具、介護食も随分いろいろあって、そういう知識を持つことは大切だなあと思った。介護食、おいしかった...。ここまでできるのかと見直した。
・今は前期高齢者になったばかりで、後期高齢者にはまだまだ遠いと思っていても、いつ要支援、要介護になるかはわからない。しかし、生協10の基本ケアを知り、正しい知識があれば、支援も介護も恐れることはないと思いました。両親・夫を見送ったので、その時にこの知識があればよかったと痛感します。
・6回全講座をうけられて、大変良い経験が出来たと感謝しております。今後もたくさんの方に広まっていけばいいなと思います。私も友達に広めます!


皆様のご参加をお待ちしております。


講座『生協10の基本ケア』
日時:11/10(水)から6回講座
会場:コープ御所南ビル4階会議室

あなたの介護は誰がする?ピンピンコロリはむずかしい!
~元気なうちに学んでおきたい介護のこと~
ちょっとしたことで、介護がおもしろくなる―
そんな「生協10の基本ケア」を6回講座で学びます。

講師
・川口 啓子氏 
 大阪健康福祉短期大学 福祉実践研究センター センター長
 くらしと協同の研究所理事
・小田 史氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科教授
 くらしと協同の研究所会員
・上山 小百合氏
 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科特任准教授
 くらしと協同の研究所会員

皆様のご参加をお待ちしております。

コロナ特別研究会のご案内

コロナ特別研究会のご案内
日 時:11月14日(日)13:30-16:45
会 場:リモート(zoom)

昨年も開催した『コロナ特別研究会』の第2弾を今年も開催します。
今年は、とりわけ危機的な状況となっている医療・福祉の現場や
たすけあいの組合員活動などについて基調講演と現場からの実践報告をしていただきます。

【申込み方法】 
E-Mailか、ご案内のQRコード・URLから、
Googleフォームでお申し込みください。

皆様のご参加をお待ちしております。

『くらしと協同』誌の合評会企画のご案内

日 時:9月4日(土)14:00-16:00
会 場:リモート(zoom)

くらしと協同の研究所の取り組みとして、季刊誌『くらしと協同』の合評会企画を開催いたします。
『くらしと協同』誌の内容を深めるために、皆様と意見交流をする場として、企画いたしました。
完全リモート(Zoom)で開催いたしますので、ご参加いただける方は、
当研究所にメールでお申込みいただきますよう、よろしくお願いいたします。
後日、参加URLなどをお知らせいたします。
皆様のご参加を、心からお待ちしております。

今年も7月3日(土)4日(日)に2021年総会記念シンポジウムを開催いたします。
なお、今回は会場参加とリモート参加での開催となります。
ご案内をご覧いただきお申込みください。
コロナ禍対策として、会場参加者数はシンポジウム、分科会ともに定員がございますのでご了承ください。

日程 7月3日(土)13:00~17:35 シンポジウム 18:00~ 第29回総会
    7月4日(日)  9:30~12:30 分科会
会場 コープイン京都
※コロナ対策としてリモート参加と会場参加との同時開催。
申込み締切 6月7日(月)
※会場参加は定員を50名とさせていただきます

詳細と参加申し込みは以下のファイルをご確認ください。



2021年総会記念シンポジウムを下記の日程で開催する予定です。

日程 7月3日(土)13:00~17:35 シンポジウム 18:00  第29回総会
    7月4日(日)  9:30~12:30 分科会
会場 コープイン京都
※コロナ対策としてリモート参加と会場参加との同時開催。
申込み締切 6月7日(月)
※会場参加は定員を50名とさせていただきます。


本案内については、4月末に掲載いたします。



2018年から始まった本研究所「くらしと協同全体研究会」も第4回となります。

この全体研究会は、研究所の研究活動の1年間の決算として、「くらしと協同」に関するさまざまな問題を探求するテーマ別の研究会からの報告や各年度に設定するテーマについての研究者による研究報告を受け、学問的な議論を深めます。

 

会場:コープ御所南ビル 4階 会議室
とき:2021年3月6日(土) 13:001730

【申込み方法】 参加申込書をFAXまたはE-maiにてお送りください。

※E-mailでお申し込みの場合も「所属団体」「連絡先・住所」「氏名」の記載をお願いします。

【申込〆切】 月8(月) 

【参加費】 無料 

 

今回は会場参加とリモート配信での公開開催となります。会場参加は定員を20名とさせていただきます。

ご自宅等にインターネット環境をお持ちでない方を優先させていただきます。

尚、参加者が多数の場合は抽選とさせていただきます。

FAXの場合も参加申込書にメールアドレスの記載をお願いします。参加招待ID・パスワードを返信いたします。


第4回くらしと協同全体研究会のご案内.docx

くらしと協同の研究所2020年度特別研究会
「コロナショックを乗り越える!」開催のお知らせ

日時:11月29日(日)13:30-16:45
会場:コープ御所南ビル4階会議室及びリモート開催

趣旨
新型コロナウィルスの感染拡大が続く中で、地域の経済・社会や暮らし、生協の事業・活動や運営に大きな影響が出ています。ウィズコロナ、アフターコロナの時代が叫ばれる中で、私たちはコロナショックをどのように乗り越えていけばよいのか。地域経済論を専門とする研究者からの基調講演と、この間の生協による実践と明らかになってきた課題を交流しながら考えます。                                     
                                            
コロナショック特別研究会のご案内
 第18回生協組合員理事トップセミナーを12/10(土)~11(日)、コープイン京都にて開催します。

組合員理事が組合員理事のために、研究者と一緒につくるセミナーです。

多彩な生協の参加と少人数・双方向の学びが特徴です。

1日目は、「生協の未来を創造するために、私たち組合員理事が、考え、できるjこと―ドラッカーの自己評価手法を使って―」(講師:若林靖永氏)をテーマに、ワークショップに取り組みます。

2日目は、4つの専門テーマを設け、それぞれの問題意識に沿って学びます。

加賀美塾「グローバル化と地域経済―事業者としての協同組合の役割」(加賀美太記氏)

青木塾「食卓と農の現場をつなぐ、生協らしい取り組みとは」(青木美紗氏)

高山塾「医療・社会保障改革がくらしに及ぼす影響とは」(高山一夫氏)

杉本塾「生協は『消費者主権』を目指すべきなのか?」(杉本貴志氏)


終了後のお楽しみは、同志社のフレンチのあと、メインは相国寺の特別拝観、最後にお茶席を堪能します。


申込み締め切りは、10月28日です。みなさまのご参加をお待ちしております。

詳細は、下記案内をご覧ください。

第18回トップセミナー案内

第18回OP「相国寺」案内

第18回セミナー申込書