くらしと協同の研究所 第3回 特別研究会
―コロナ禍で加速する食消費の変化とその影響―
のご案内

コロナ禍において、消費者の行動はどのように変化し、
生産者や食供給に関わる人々はどのような課題に直面したのかを、
具体的な事例を踏まえながら考えたいと思います。

○開催日時:12月17日(土)13:30~16:45

○開催形式:リモート開催

○内容
1.基調講演:ミルク・サプライチェーンにおけるコロナ禍の影響と変化
       -コロナ禍・資材高騰の二重の危機の視点から-
 清水池 義治 氏(北海道大学大学院農学研究院 准教授)

2.実践報告
牛乳の生産、ミールキットの企画・利用、大学生協食堂の様子から、食消費のあり方を考えます。
 第1報告 大山乳業農業協同組合 酪農指導部 今吉 正登 氏 
 第2報告 コープきんき事業連合 宅配商品部 統括 斎藤 徳人氏 
 第3報告 立命館生協 食堂部門 統括店長 石角 大樹 氏 
 ・コメント:原田 英美 氏(福島大学食農学類 准教授)
 ・コーディネーター:山野 薫 氏(近畿大学 当研究所運営委員・理事)

○申込み方法 
  e-mailか、以下のQRコード・URLから、 Googleフォームでお申し込みください。


○参加費:無料

○〆切 12/10(土)

○参加Zoom情報は開催日前にメールでご連絡いたします。
 詳細は添付の案内チラシをご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちいたしております。
暮秋の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、先日発送いたしました『くらしと協同』誌と同封でご案内させていただきました、
「ウクライナの歴史について知るための学習会」と「第3回 特別研究会」について、
ご案内させていただきます。
ご案内を添付いたしましたので、ご確認のうえ、ぜひ、ご参加ください。
皆様のご参加を心からお待ちしております。

1.「ウクライナの歴史について知るための学習会」
  日時:2022年11月12日(土)13:30-16:30
  開催形式:リモート開催
  講師:小山 哲 氏(京都大学大学院文学研究科 教授)

2.第3回 特別研究会
  ―コロナ禍で加速する食消費の変化とその影響―
  日時:2022年12月17日(土)13:30-16:45
  開催形式:リモート開催

3.内容:添付の案内をご覧ください


4.申込み方法 
  e-mailか、以下のQRコード・URLから、 Googleフォームでお申し込みください。

●ウクライナの歴史について知るための学習会


●特別研究会

5.参加Zoom情報は開催数日前にメールでご連絡いたします。

皆様の申し込みをお待ちしております。


2022.7.2~3 2022年総会記念シンポジウムを開催しました


7月2日(土)3日(日)に京都テルサにおいて会場参加とリモート参加のハイブリッド形式で総会記念シンポジウムを開催いたしました。

7/2(土)の1日目シンポジウムでは大高 研道 氏(明治大学)に「協同労働の今日的意味と可能性-地域づくりの深化に向けて-」をテーマに基調講演をしていただきました。

そのあと、実践報告として上村 俊雄 氏(企業組合労協センター事業団 但馬地域福祉事業所)と

古村 伸宏 氏(日本労働者協同組合連合会 理事長)から実践報告をいただきました。

そのあと、青木 美紗 氏(奈良女子大学)をコーディネーターに迎え、細川 孝 氏(龍谷大学)と東田 一馬 氏(京丹後市大宮地区 つねよし百貨店代表)のお二人にご登壇いただき、コメントをいただきながら、登壇者も交えてディスカッションをおこないました。


7/3(日)の二日目分科会では、3つの分科会に分かれて以下のテーマで開催をしました。

第1分科会 「若年層と創る未来の協同社会産直・倫理的商品・組合員参加を事例に組合員のニーズを探る─」

登壇者

岩橋 涼 氏(名古屋文理大学))加賀美 太記 氏(阪南大学)鬼頭 弥生 氏(京都大学)玉置 了 氏(近畿大学)辻村 英之 氏(京都大学)浮網 佳苗 氏(日本学術振興会特別研究員)山野 薫 氏(近畿大学)松原 拓也 氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)


第2分科会 「購買生協は高齢期の生活を支えられるか?」

                    -「生協10の基本ケア」を合言葉にして-

登壇者

川口 啓子 氏(大阪健康福祉短期大学)小田 史 氏(大阪健康福祉短期大学)浜岡 政好 氏(佛教大学名誉教授)


第3分科会  「ロングセラーコープ商品から考える次のロングセラー」

登壇者

下門 直人 氏(京都橘大学)寺岡 謙将 氏(丸富製紙株式会社 西日本営業本部)豊田 滋之 氏(株式会社カネソ22)塩谷  元彦 氏(さとの雪食品株式会社 大阪営業部)


〇参加者の感想

シンポジウム参加者の感想 ・大高先生の報告で、労働者協同組合の危惧する点として、「自己決定への恐れ」が指摘されていました。民間企業の経営者の視点で、この点は深く頷ける指摘です。経営への参加は、社員にすれば相当のエネルギーを要します(経済情勢、経営環境、経営計画)。民主的経営を貫こうとすると、直面する課題です。 ・協同労働という言葉は、大変素敵です。雇用労働の反対概念で、平たく言えば雇われて働くということではない働き方ということになりますが、どのような働き方かといえば、応えに窮します。それでも、多面的な報告で、大変勉強になりました ・協同労働という考え方の重要な部分に、主権者、主体性がとても大切だということと同時にそうなることの難しさを思いました。 ・民間企業、公的機関を問わず、現在の社会での働き方には、疑問を感じることが多いので、「協同労働」の考え方にとても共感しています。私の住む地域も若年層の流出、人口減少が進み、課題が山積です。そういう地域の困りごとを出発点に、課題解決に取り組む働き方に価値を感じました。「必要から始める仕事起し」という言葉が印象に残っています。 第1分科会参加者の感想 ・『産直』『エシカル商品』『若年層をはじめとする組合員参加』。どのお話も今の生協に欠かせないものについての講演で、どういうことを大切にし、考えなければならないのかを改めて意識することが出来ました。課題となる点も多く、今後の事業や組合員活動を考える上で参考にさせて頂きたいと思います。 第2分科会参加者の感想 ・今回の話を聞くまでは、生協10の基本ケアは介護の場面だけで活用するものだと思っていました。年齢に関わらず、日常生活の基本となる内容が書かれている事を再認識しました。そして組合員やすべての人たちにも広め、介護する側される側の共通認識にしていかないといけないと思いました。 3分科会参加者の感想
・ご報告は大変分かりやすく、動画等もあり、まるで工場見学に行けたような気持になりました。 開発までのご苦労や製造過程、生協との関係性についてお聞きする中で、価格や味・使い勝手だけでない要素で商品を購入したいと思うこと、言い換えると商品への愛着がわくことがどういうことか体感させられた分科会でした。

2022.6.11 「第2回『くらしと協同』を読む」合評会企画を開催しました


「労働者協同組合法学習会」と同時に、第2回の「第2回『くらしと協同』を読む」合評会企画を完全リモートで開催しました。今回は第38号:特集「発電を通じた地域活性化への挑戦」と第39号:特集「コロナに克つⅡ~つながりを紡ぎ続ける」の2号について企画担当者から話を聞き、意見交換を行いました。今回は学習会と同時に開催することで第1回より多くの方に参加していただくことができました。24名の方に参加していただきました。

〇参加者の感想

・企画・編集に関わった方々の想いをお聞きでき、『くらしと協同』の内容を深化させることができました。研究所以外の所属の方もご参加いただけ、よかったと思います。

・39号の山極先生の「人間にとっての『食』の意味」は、日本の生協にとって重要な指摘であるとあらためて感じました。加賀美先生が最後に仰った編集のモットー、深く共感しました。大いに参考にさせていただきます。


2022.6.11 「労働者協同組合法学習会」を開催しました


2022年7月に開催する総会記念シンポジウム「協同のネットワークを地域でどう創るか」のプレ企画として、完全リモートで、今秋から施行される「労働者協同組合」について、日本労働者協同組合連合会理事長の古村伸宏氏を講師に招き、法制定の背景や特徴、協同組合どうしの連携や地域づくりとの関わりについて学び、意見交換を行いました。27名の方に参加していただきました。

〇参加者の感想

・労働者協同組合と他の組織との違いなどわかりやすかったです。協同労働をどのように広めていくのか、今後の大きな課題になるだろうなと思いました。

・「協同労働」について全く知らなかったのですが、お話を聞いて関心を持ちました。地域づくりに関心があるので、その側面からももっと知りたいと思いました。


2022.3.5. くらしと協同全体研究会を開催しました

3/5(土)13:30~17:30でリモートのみの企画で開催しました。今回は研究員の方の書籍の紹介や、研究所の1年間の研究活動の棚卸として研究所の活動を会員に見えるように紹介をしました。

〇参加者:36名

〇登壇者:5団体、11名

〇開催趣旨

 「くらしと協同全体研究会」では、研究活動の1年間の決算として、当研究所で活動している研究会やグループから研究・活動内容の紹介を行い、若手研究者からも個人報告をいたします。くらしと協同に関するさまざまな問題提起を受け、学問的な議論を深めることを目指します。

〇内容

(1)研究所主催の研究会等の報告

(2)研究員が発行した書籍の紹介

(3)各研究会からの報告

①今年度の各研究会の動向について

②今年度の活動内容と成果の概要報告 各研究会代表者より

・次世代生協研究会

・生協労働研究会

・オルタナティブ農業研究会

・新しい協同の研究会

・コーポラティブ・ラボ

③ 研究会制度についての説明と募集について

(4)個人報告

・岩橋涼氏(名古屋文理大学) コメンテーター:鬼頭弥生氏(京都大学) 

・長島洋介氏(ラボラトリオ株式会社) コメンテーター:近本聡子氏(愛知学泉大学)

〇参加者の感想

・研究会活動が活発で、様々な活動を紹介いただいて、興味深い内容でした。

・今年度の研究報告はその分野についての専門的知識がなくても理解できるものでしたので、生協職員や組合の方にも広くご報告を聞いていただけたらなおよかったなと思いました。


2021年11月と2022年2~3月 連続講座「生協10の基本ケア」を開催しました


企画委員会における「研究課題の発掘」論議の中から導き出された「高齢化・福祉・介護」の課題の具体化として、講座「生協10の基本ケア」(1講座6回)を11月と2~3月の2度開催しました。

〇会場:コープ御所南会議室

〇参加状況

・第1期(11/10.11/17.11/24開催)参加12名

 参加者:京都生協組合員・福祉事業部職員、コープしが組合員理事、日本生協連職員、研究者

・第2期(2/9.2/16.3/2開催)参加12名

 参加者:京都生協組合員・学識理事、コープしが組合員理事、京都生協・コープしが福祉系統職員、京都高齢者生協組合員


〇講師:

・川口 啓子氏 大阪健康福祉短期大学 福祉実践研究センター センター長

・小田 史氏 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科教授

・上山 小百合氏 大阪健康福祉短期大学介護福祉学科特任准教授


〇講座「生協10の基本ケア」第1回~6回の内容

1講

「生協10の基本ケア」とは

◆ 超高齢化社会って、どんな社会?「生協10の基本ケア」概要・・・なぜ生協が?

① 換気 よどんだ空気で暮らさない、新鮮な空気を取り入れて感染症予防。

2講

「座る」大切さを知る

② 床に足をつけて座る 床に足をついて立つ 足の裏への刺激が大切

③ トイレに座る オムツには頼らない、トイレで用を足す、尊厳を護る

3講

「美味しそう」「気持ちいい」

④ 温かい食事をする 「美味しそう」が大切、自分の口から食べることが大切

⑤ 家庭浴に入る お風呂の効能、湯船に浸かって「気持ちいい」が大切

4講

ひとり暮らしでも孤立しない

⑥ 座って会話をする。 おしゃべりはコミュニケーション、セルフケア・相互ケア

⑦ 町内におでかけする 買い物を楽しむ、社会参加、閉じこもりを防ぐ。

◆ 車いす体験 どうやって動かすの? ちょこっと、車いす散歩!

5講

地域で・自宅で 最期まで

⑧ 夢中になれることをする 組合員活動は、積極的な介護予防

⑨ ケア会議をする 主役は私。自分でケアプランを考えてみる。

⑩ ターミナルケア 「自宅で最期まで」は希望じゃない、私の権利

6講

認知症を怖がらないで!

◆ 認知症ケアにおいては、安心して過ごせる環境が何より大切です。

◆ 認知症の人は大きな不安のなかにいます。怒らないで、正さないで、穏やかに。

◆ 症状を理解し、ケアのポイントを知り、少しでも重度化を予防しましょう。


〇参加者の感想

・介護する側の視点で今まで考えていたということに気づけ、自分が利用する立場になった時のことを、より具体的に考えられるきっかけをくださったと思います。午前のDVDは、亡くなった父に、私に知識があればもっとしてあげられることがあったなあと、涙・涙でした。あすなら苑の取り組みに感動しました。

・車椅子体験は貴重な体験でした。介助として夫を乗せて押していましたが、前がよく見えずに置いてあるものにあたってしまったことがありました。


2021.11.14 第2回 コロナショック特別研究会を開催しました


第2回 コロナショック特別研究会を完全オンラインで医療・福祉をテーマに開催しました。当日は、基調講演と三つの生協からの実践報告をいただきました。

テーマ:コロナ禍の生協の医療・福祉事業と組合員活動の現状


・開催趣旨:

新型コロナウイルス感染症の広がりは、経済やくらしに大きな変化をもたらしました。とりわけ医療・福祉の現場では、災害ともいうべき危機的状況の中で、専門職・地域住民の奮闘により人々の命や日々のくらしが支えられています。本研究会では、地域医療・地域福祉を専門とする研究者からの基調講演と医療福祉生協・地域生協の事業と組合員活動に関する実践報告から、この困難を乗り越えるための方策を参加者とともに考えていきます。

第1部は佐藤卓利氏(立命館大学特任教授・乙訓医療生活協同組合理事長)の基調講演と質疑応答 をおこないました。

基調講演テーマ 「コロナ禍での人々の暮らしと医療福祉生協の課題

―社会政策の視点と協同組合の視点」から―」


第2部は医療生協や地域生協の職員からの実践報告と意見交換を行いました。 

実践報告では以下の皆さまにご登壇いただきました。

第2部内容

1.姫路医療生活協同組合 黒岩勝博専務 

 「コロナ禍における姫路医療生協の事業・経営活動と組合員活動」

2.岡山医療生活協同組合 和田博知専務

 「コロナ禍の生協の医療・福祉事業と組合員活動の現状」

3.生活協同組合コープしが 組織広報部 南地区運営事務局 西口とも子事務局長 

 「コープしがの事業と組合員活動」

コメント 川口啓子(大阪健康福祉短期大学付属福祉実践研究センター センター長)  

コーディネーター 小田巻友子(立命館大学准教授 当研究所運営委員)


〇参加者の感想

・公衆衛生について、その意味から現状について学ぶことができました。「国家」が責任を持つ公衆衛生体制の改善、社会保障を求めるとりくみを今後も広げていきたいと思いました。

・第一部では知らなかったことを学ぶことができ、第二部では様々な立場からのコロナ禍の取り組みがわかりやすく良かったです


2021.9.4 「『くらしと協同』を読む」合評会企画を開催しました


初めての企画として『くらしと協同』の内容をより深めるため、読者の皆さまで意見を交流する合評会を開催しました。

①企画タイトル『くらしと協同』を読む

②日 時:9月4日(土)14:00-16:00

③会 場:遠隔(zoom)

④対象号:

第32号(2020/3)サステイナブル・コミュニティ

第34号(2020/9)コロナに克つ~つながりと協同の新たな地平へ

第35号(2021/3)手ざわりある情報技術の使い方

⑤内容:

開会あいさつと本企画の進め方について

第32号紹介(企画担当者より)

第34号紹介(〃)

第35号紹介(〃)

参加者からの感想・評価等の発表と意見交換

2021.7.3~4 2021年総会記念シンポジウムを開催しました


7/3(土)7/4(日)に、コープイン京都を会場として、全面リモートで開催しました。

〇開催趣旨

 東日本大震災から10年を迎えるにあたり、「震災復興において、協同組合はどのような役割を担い、どのように貢献してきたのか。今後の復興に向けて、どのような展望を描くべきか」について、現地と関わりの深い研究者から改めて問題提起をいただくとともに、東北各地の協同組合関係者から現状や今後の展望についてご報告いただく。これらを通じて、これからの協同組合の復興への取り組みについて示唆を得る機会とすることが、本企画の目的である。(開催趣旨抜粋)

〇内容

1日目は「東日本大震災と協同組合-これまでとこれからの10年を見据えて-」をテーマ

に開催しました。濱田武士氏(北海学園大学)の基調報告と東北地域の協同組合から現地報

告などをしました。また、ブレイクアウトルームを使用して、参加者の交流、意見交換の場

を設けました。

2日目は3つの分科会でそれぞれ第1分科会はコーポラティブ・ラボから「協同の力で支える食のこれから」をテーマに報告、第2分科会は生協労働研究会から「生協労働研究会 生協職員調査から見えてきたもの」をテーマに報告、第3分科会は「生協と商品事業-生協との取引が持つ意味」をテーマに生協の取引先企業3社からご報告をいただきました。

初めてのリモートでの開催でしたが、ブレイクアウトルームも活用しての参加者と登壇者の交流を図るなど、円滑に開催することが出来ました。